反省と抱負

ドイツ語

ドイツ語の思い出

 高校生だった頃、「大学受験の外国語はドイツ語で受けなさい」と父によく言われました。「英語に比べ、ドイツ語はできる人が少ないから問題が簡単。得点しやすくて有利」というのです。父自身、旧制高校時代ドイツ語を独学で学び、大学もドイツ語で受けて...
フィンランド語

フィンランド語の思い出

 フィンランドは憧れの国。ムーミンの国、サンタクロースの国、妖精トントゥの国。そこで話されるフィンランド語もいつか学んでみたい言語でした。  2011年、飛行機の乗り換えでヘルシンキの空港に降り立った際、フィンランド語のムー...
インドネシア語

インドネシア語の思い出

 今回はインドネシア語の思い出を書きます。  2009年12月、アラビア語を習いに通っていたアラブ イスラーム学院の卒業が間近に差し迫っていた頃、同学院のインドネシア人の女性スタッフさんにインドネシア語の文を教えてもらったの...
アラビア語

アラビア語の思い出

 アラビア語はわたしにとって特別な言語。唯一学校に通って学んだ言語であり、習得の時間も一番かかっています。  アラビア語の学習環境はここ三年で大きく変わりました。アラビア語検定は廃止、アラブイスラーム学院は閉校し、今は昔となりました...
タイ語

タイ語の思い出

 今回は、ほんの一時期夢中になったタイ語の思い出を語ります。  タイ語にハマったのは2006年晩秋のこと。本屋さんで素敵なタイ語の入門書を見つけたのがきっかけです。当時ちょうど出たばかり。最寄りの本屋さんに山積みになっていま...
フランス語

フランス語の思い出

 今、ブログを整理している関係で、過去記事を読み直しています。自分でも忘れていた懐かしい記憶を掘り起こしましたので、それを元に、これまでの思い出と今後の抱負を言語ごとに書きます。  まずはフランス語から。  わたしがフ...
タイトルとURLをコピーしました